Category Archives: 販路開拓の話

シックリを味わうことでビックリがやってくる

投稿日:1 2015/11/01,

こんにちは。社長のコンシェルジュの松井太郎です。

キャラメルを食べた途端に、歯の詰め物が取れたことのある方もそうでない方も、
そんな時に限って、歯医者さんがお休みだった、診療時間外がだったり、
仕事が忙しくてなかなか治療に行けないよ~

という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

今年の8月12日、私はまさにそのような状況でした。
詰め物が取れたのは、午後4時。
ほとんどの医療機関は明日からお盆休みが始まると言う中で、
打ち合わせを早々に切り上げ、自宅近くの歯医者さんに飛び込みました。

初めて行く歯医者さんだったので、もしかしてヤブだったらどうしよう?!
と思いながらも、ドアを開けると誰もいません。

「スミマセ~ン」と何度か声をかけると
奥から医者らしき初老の男性が出てきました。

「女の子(たぶん受付の女性のこと)が早く上がりたいというから帰らせたし、
もう今日は閉めようかと思っていたところなんや」

と、路地裏にあるスナックのマスターみたいなことを言ってました(笑)

「歯の詰め物を入れるだけやったらいいよ」という言葉も、
「ビール一杯ぐらいやったら、まぁいいよ」みたいな感じに聞こえてきて、
何とも言えない微妙な雰囲気でした。

そして、治療は10分もかからずに終わりました。

待合室からは、受付でパソコンの操作する先生の様子が見えました。
「あまりパソコン操作に慣れてなくて、えーっと、う~ん、900円で」

さすがに私も不安になって、
「先生、それ初診料とか入ってますかぁ?」
「ちょっと安すぎませんか?」と聞くも

結局、900円を支払って帰りました。
後ろを振り向くと、先生が慌ただしくシャッターを下ろしている姿が見えて、
「よほど早く帰りたかったんやな~」なんて、笑いがこみあげてきました。

ちなみにその詰め物は取れる前よりも、歯にシックリとしたいい感じです。

さて、今日はココからが本題です。

「業界大手○○会社の○○社長を紹介して欲しい」
社長のコンシェルジュは、よくこんなご依頼をお聞きしていました。

していました。と過去形で書いたのは...
先月からは、単に「紹介」するだけの依頼については、
基本的にお断りしているからなのです。

どうも「紹介する」だけの依頼は、
自分がこれまで築いてきた人脈を、何となく切り売りしているような感覚で、
私自身が「シックリ」ときていないということに気づいたんです。

企業のトップを紹介して欲しいという依頼の裏側には、
「自社の商品やサービスを直接、相手企業のトップに売り込みたい!」
という思惑があるからなのですが...

実際に依頼を受けてみて感じたことは、
トップに会って商談すれば何とかなる(=売れる)という
幻想(失礼!)を抱いているケースが意外に多いということでした。

これはある意味、初対面の合コン相手に、
いきなり「結婚してください!」というようなもので(汗)
よほどのことがない限り、
その場で結婚を承諾する人はいないでしょう(笑)

実は、かつての私も同じことをやっていた時期がありました。
だからこそ、自信を持って言いたいのです。

世の中の社長の多くは、「どうやったら売れるか?」
という視点だけで、ついつい無理な営業活動をやってしまいがちです。
その結果、本来であれば顧客になるであろう会社の多くを失っている
ことに気づいていないケースがあります。

「こんなに一生懸命にやっているのに、どうしてうまく行かないのか?」
もし、そう感じる人はいったん、今のやり方を止めてみてください。

そして、「ああーこんな商品(サービス)が欲しかったんだ!」
という顧客目線でシックリとくるやり方を体で感じてみてください。

体で感じた後に、自分自身にこう問いかけてみましょう。

「それをやると自分も相手も幸せですか?」

そうすれば、向こうからビックリするようなチャンスがやってきます。
これは会社や社長だけでなく、個人にも当てはまることなのです。

目の前のあなたは、
「本当はやりたくない無理をしている自分」に気づいていますか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
そんなあなたが大好きです!また次回お会いしましょう。

コツを教える、教わるとは○○○ということ

投稿日:27 2015/09/27,

こんにちは。社長のコンシェルジュの松井太郎です。

アッという間にシルバーウィークが終わり、もうすぐ10月ですね。
そろそろ「ハロウィン」の仮装の準備を始めるという方も、そうでない方も
私は連休2日目に大阪へ戻り、学生時代の後輩家族と一緒に過ごしました。

航空自衛隊小松基地でブルーインパルスを観たり、
神戸で釣りをしたり、夜は鍋を囲んで一緒に食事したりと、
久しぶりに「家族っていいなー」そんな気分を味わいました。

彼(後輩)は私の2学年下で、何かあるごとに気にかけてくれて、
「太郎さん、次の休みはどうしてる?」なんて、こまめに連絡をくれたりします。

私と言えば、先輩らしいことをした記憶があまりなくて...
初めて一緒にスキーへ行った時、うまく滑れないことに腹を立ててスキー板を
投げて帰ろうとしたり、リフトから降りる時によそ見をしていて、足をひっかけ
て倒してしまったりと、ロクなことをしていません(汗)

たまに、どちらが先輩なのか? ホントわからないくらい
見た目も中身も立派な彼は、某建設会社の役員で次期社長候補です。

実は、私は「松井さん」と呼ばれることがホント少なくて、
ビジネスでもプライベートでも親しい人からは「太郎さん、太郎ちゃん」とか、
同級生からは、ほぼ間違いなく「太郎」と呼ばれています。

その後輩には、小学生の男の子が2人いるんですが、今回の旅行をキッカケに
私のことを「太郎さん!」と名前で呼んでくれるようになったんですね。

それがもう何だかウレシくて、「ああー、オレって愛されてるなー」と
実感しているこの頃です。

アッ、もしよかったら、次に会った時は「太郎さん」と声をかけてくださいね(笑)

さーて、随分と長くなりました。ココからが今日の本題です。

コンサルタントが丁寧に教えているけれども、なかなかクライアントに伝わらない。
あるいは、クライアントがコツをつかむことができないという経験はありませんか?

「販路開拓のコツを教えてください!」

社長のコンシェルジュは、いわゆるプロの経営コンサルタントの方からも
こんなご相談をよくお聞きします。

そこで、コツを教える、コツを教わるとはどういうことなのかを考えてみたいと思います。

まずは、根本的なことから考えてみましょう。
「コツ」って本当に教えることができるもの、教わることができるものなのでしょうか。

「コツ」というのは、つかみどころのない漠然とした感覚で、
「こんな感じ!」といったように、なかなかスグには言葉にしにくいと思うのです。

社長のコンシェルジュは、この漠然とした「こんな感じ」という感覚を「コツ」と呼んでいます。

ですから、コツは教えたり、教わったりすることは、
この漠然とした「こんな感じ」をクライアントさん自身の言葉にすること
=「言語化すること」と言えると思います。

もうなんとなく答えは見えてきましたね(笑)

そうなんです。だから、
一方的に「コツ」を教えることはできないのと同時に
一方的に「コツ」を教わることはできないのです。

なぜなら、それは自分の中で感じる「こんな感じ」という感覚を
パソコンの「コピー&ペースト」のように、そっくり人に伝えることはできないからです。

では、コンサルタントとクライアントの両者には、
いったい何ができるのでしょうか。それは...

コンサルタントにできることは、自分の感じたイメージを、
クライアントの立場に置き換えて伝えるということです。

クライアントにできることは、コンサルタントの言葉が自分の言葉として
「しっくり」とくるのか、自分の立場に置き換えた場合にどうなるのか?
ということを感じてみるということです。

そして、それらを共有するために、
お互いが同じ時間と場所を持つということも大切だと思います。

なんだか、付き合い始めたばかりの恋人同士みたいですね(笑)

コツを教える、教わるとは、
コンサルタントが与えてくれる様々なヒントをもとに、クライアントが自分の中で
「これだ!」という身体の感覚を見つけて行く作業に他ならないと言えるでしょう。

社長のコンシェルジュは、
「これだ!」という身体の感覚を見つけるお手伝いもしています。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
そんなあなたが大好きです!また次回お会いしましょう。

USPは営業マンを不要にする

投稿日:13 2015/09/13,

こんにちは。社長のコンシェルジュの松井太郎です。

社長のコンシェルジュの得意分野の一つが、
「販路開拓」であるということを、ご存知の方もそうでない方も、
Facebookへ投稿したセミナー告知を38件もシェアしていただきまして、
誠にありがとうございます!!

この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

まだ、29日の「販路開拓セミナー」は若干の余裕があります(笑)

今からでも間に合いますので、どうか奮ってご参加ください!

【販路開拓セミナーのお申込みはこちら】

そして、次は「大阪」でというお声をかなり多くいただいておりますので、
10月下旬か11月には、大阪での開催も検討したいと考えています。

さて、今日はココからが本題です。

よくあるお問い合わせの中で、
「社長のコンシェルジュ」には、「どんな内容の相談が多いのですか?」という
ご質問をよくいただきます。

例えば、最近のちょっとユニークな例で言うと、
昨夜、ある方から、
「自宅の敷地内にある直径1メートル、2階建ての高さまである大きな木」を
撤去したいんですが...という依頼がありました(笑)

さすがの敏腕コンシェルジュ(笑)も、スグには答えられないので、
桜の名所で有名な奈良県吉野にある材木会社の社長さんに
聞いてみようかな?と考えています。

それはさておき、最近特に多いのが...
「大手企業の中で人脈があるの社長や担当役員へ、営業アポイントを取って欲しい」
という依頼なのです。

そこで、とりあえずお話を聞くために、社長さんや担当役員さんとご面談をさせて
いただくのですが、99%以上の方が決まってこう言います。

▼ そもそも、自分たちは中小企業だから、大手企業に販売ルートがない
▼ なので、大手企業にツテやコネがないから、営業がうまくいかない
▼ だから、何度もアプローチしているのに、なかなか話を聞いてくれない
▼ せっかく、良い商品なのに、決裁権のある人にたどりつけない
▼ そして、商品には自信があるから、アポイントさえ取れれば売れる

こんな風に思っておられる社長さんも多いのでは?と思います。

しかし、これらはある意味、
自分でコントロールできないことばかりなのです。

仮に、私の人脈で大手企業の社長にアポイントが取れたとしても、
商品が売れるかどうかなんて、自分ではコントロールできないことなのです。

コントロールできないことばかりやっていると、
「できない」ばかり意識が向いて、「できること」を見落としがちです。

いわゆる、これが「思い込み」というものなのです。

では、社長さんが自分でコントロールできることとはなんでしょうか?

それは、自分が作った商品を素晴らしさを、
お客様の立場になって言語化することなのです。

実は、これがマーケティングでいう
USP(ユニーク・セールス・ポイント)と言われるものです。

例えば、USPの代表的な成功事例をお伝えしますと...

1.30分以内に届かなかったらタダ
2.お口でとけて、手にとけない
3.吸引力の変わらない、ただ一つの掃除機

もう、社名を言わなくても、皆さんはおわかりですよね。

そして「自社の商品を0.2秒でわかるように説明してください!」

私が初対面の社長さんにそう言うのは、
「ない」ばかりに意識を向けるのではなく、

自分が作った商品の素晴らしさを、
お客様の立場になって言語化すること=USPを明確にすること
の大切さをもっと知っていただきたいからなのです。

もし、USPが明確になれば、
販路開拓はほぼ成功したと言っても過言ではありません。

【USPは営業マンを不要する】
それくらい、このUSPは販路開拓にとって大切なものなのです。

私は、社長さんの作った商品のUSPを明確にするお手伝いもしています。

【販路開拓セミナーのお申込みはこちら】

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
そんなあなたが大好きです!また次回お会いしましょう。

「ああー、こんな商品が欲しかったんだ!」と

投稿日:6 2015/09/06,

こんにちは。社長のコンシェルジュの松井太郎です。

もう夏休みは取ったよ!という方も、これから夏休みをとるよ!という方も
今年は忙しくて夏休みが取れそうにないなーという方にも、

いよいよ9月に入りましたね~
ほんの半月前と比べて随分と涼しくなり、過ごしやすくなりました。

もう、あっと言う間に、「ハロウィン」の季節になり、
気がつけば「クリスマス」、そして「お正月」になって行くのでしょうね。

アッ、そろそろ「おせち」の予約をしなきゃーなんて(笑)

さて、今日ココからが本題です。

「どうやったら売れますか?」
「どうやって売ったらいいでしょう?」

「社長のコンシェルジュ」は、こんなご相談をよくお聞きします。

もちろん、自分の会社の商品・サービスを世の中に提供していくのですから、
売れるに越したことはありません。

大型書店のコーナーに並んでいる、いわゆる「マーケティングの本」には、
「誰に何をどのように売るかを考えましょう!」と書かれています。

しかし、この本を読んだところで、うまく行きません。

それどころか、かえって混乱してしまって、
ここでもやはり、多くの社長さんが失敗します。

なぜなら、「誰に」と「何を」をということをあまり深く考えずに

「どのように」売るか?ばかりを、ついついやってしまうからなのです。

販路開拓で最も大切なことは、

「どのように売るか?」ではなく、

お客様に「ああー、こんな商品が欲しかったんだ!」と

言ってもらえるかどうか?なのです。

「どのように売るか?」の方法論は、世の中には溢れかえるほどあります。

しかし、「ああー、こんな商品が欲しかったんだ!」と言ってもらえる
方法論は、世の中にたった一つしかありません。

日々、忙しい社長さんのリソースは、かなり限られているのですから、
「わかっているけど、自分で考えている余裕なんてない!」という
お気持ちは十分理解できます。

実は、昔の私も「わかっているけど、自分で考えている余裕なんてない!」
と思う社長の一人でした。

そこで、9/29(火)に東京で開催する
【誰にも相談できない社長のコンシェルジュが教える販路開拓セミナー】では、

そんなお忙しい社長さんのために、お客様から
「ああー、こんな商品が欲しかったんだ!」と言ってもらえるための
ノウハウを包み隠さず、全てお伝えしたいと思っています。

もちろん、ノウハウを知るだけ実践しなければ何も変わりません。
自社の業績アップを「目で見て、耳で聞いて、肌で感じられる」よう
お忙しい社長さんにも無理なくできるノウハウばかりです。

また、セミナーの詳細は、近いうちにブログがFacebookでお知らせします。

ちなみに今回のセミナーでは、「頭の中が整理でき、あとは行動するのみ」
という状態になっていただくため、少人数制で考えています。

ご興味のある方は、あらかじめコメントやメッセージをいただければ、
優先的にご案内させていただきます。

もしかすると、このセミナーに参加することで、
「ああー、こんな商品が欲しかったんだ!」という声とともに
お客様が商品を手に取るシーンが目に浮かんできて、
どこからともなく、会社の評判が聞こえてくるかもしれません。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
そんなあなたが大好きです!また次回お会いしましょう。

売れない商品を作ってしまった社長の尊厳を取り戻す

投稿日:30 2015/08/30,

こんにちは。社長のコンシェルジュの松井太郎です。

飛行機が好きな方も、そうでない方も、どちらでもなくあまり考えたことのない方も、
私は出張や旅行など長距離の移動には、できるだけ飛行機を利用することにしています。

それには、

・空港に行くとテンションが上がる → さぁ、これから飛び立つぞ~という感じになる
・マイルがたまる → 1万マイルから往復航空券と交換できる
・乗っている時間が短い → 時間が長いと腰が痛くなります
・羽田空港近くに定宿がある → スーツケースを預けたりするのに便利

など幾つかの理由があるのですが、

そして、一番の理由は、
新幹線に比べ、飛行中に通路や席を移動する人が少なく、乗るとスグに熟睡できるからです。
これだけ飛行機に乗っていると、多少の揺れでは起きなくなっています。
いつもは離陸から5分後に熟睡、着陸時の振動で目が覚めるなんていうことはザラです(笑)

お盆休み明け、私はいつものように伊丹から羽田行きに搭乗し、窓側の席に座りました。

隣には仲の良い老夫婦、これから東京にいる息子さんに会いにでも行くのでしょうか(妄想)
お二人が仲睦まじく、機内誌を見ながら楽しそうにしゃべっていました。
そんなお二人を見ながら、私はいつものようにいつの間にか眠りについていました。

すると、途中で私の肩を大きく揺さぶり、「起きてください!起きてください!」という声が
聞こえるではありませんか?

その時に寝ぼけた頭の中にフトよぎったのは、
「エッ、もしかして、何か緊急事態でも起こったの?!」

肩を揺さぶられるその力と、声の大きさから、これは只事ではないなーとい感じがしました。

そんなことを思いながら、隣のおじいさんを見てみると、

おじいさんが私に向かって一言。
「飲み物のサービスが来てるよ」と。

たぶん、かなり驚いた表情をしていたのでしょうね。
そばにいた、キャビンアテンダントのキレイな女性が思わず吹き出しそうになっていました。

私は、恥ずかしさのあまり「飲み物は結構です」と言い、スグに寝たふりをして、到着までの
残りの時間を過ごしました(笑)

アッ、前置きが長くなってしまいました。
今日の本題はココからです。

販路開拓のセミナーやコンサルティングをしていると、
「商品が売れなくて困っている」という社長さんは、
かなりいらっしゃいます。

しかし、本当は商品が売れないで困っているのではなく、
実は、売るために自分が何をしたらいいのかわからない、
という悩みに尽きるのです。

世の中には売り方がわからずに、良い商品が陽の目を見ずに、
倉庫の奥に在庫の山となって埋もれてしまっているケースが数多くあります。

お客様(エンドユーザー)に興味を持ってもらうのは、ある意味、当然ですが、
何よりも販売してくれる流通担当者(バイヤー)に興味を持ってもらうことが大切です。

バイヤーが「おぉー面白いな!」と思ってくれるからこそ売れるのです。
社長の熱い気持ちをバイヤーに伝えて、自分の会社の商品に愛情を持ってもらえれば、
売れない商品はないと言っても過言ではありません。

また、社長自身が自分のことや従業員、商品のことを見て、

「自分の会社と取引してくれるのは、この程度の会社かな」とか、
「自分が付き合えるのは、この程度の人間かな」と、思ったりしていませんか?

「この程度」と思い込んで、自分や自分の会社と付き合ってくれる相手のランクや
レベルを勝手に決めつけている社長は意外と多いのです。

社長のコンシェルジュは、そんな売れない商品を作ってしまった社長の尊厳を取り戻し、
売り上げをアップさせることで、経営と心の安心感を提供しています。

そして、9月下旬に東京で少人数の販路開拓セミナーを開催します。

名付けて、
【誰にも相談できない社長のコンシェルジュが教える販路開拓セミナー】(仮)
~バイヤーが思わず仕入れたくなる商談の秘訣~
あなたの会社の商品が売れない理由はコレだ!

ちなみに、私のセミナーに参加されるほとんどの社長さんは、
全くのノーアイデアで、しかもゼロからではなく
マイナスからスタートされた方も、多くいらっしゃいます。

例えば、こんな社長さんは要チェックです。

▼今も自分で営業をやっているけど、イマイチ、パッとしない
▼新商品は作ったけど、どうやって売ればいいのかわからない
▼技術には自信があるけど、売れていない商品を何とかしたい
▼コネ、ツテ、経験、人材、営業力、戦略、戦術など何もない
▼今までとは違うルートで商品を販売したい

セミナーの詳細はまた改めて、ブログやFacebookでアナウンスしますが、
気になる方は、ぜひ遠慮なくコメントやメッセージをください。

・思い込みを捨てると売れる
・世の中に売れない商品などない
・売れないと言われた商品ほどよく売れる
・売れる商品がなくても売ることができる

さぁ、社長が愛情を込めて作った商品の嫁ぎ先を一緒に探しに行きましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
そんなあなたが大好きです!また次回お会いしましょう。