【新年ご挨拶】手のひらサイズの仕事をつくるということ

投稿日:3 2016/01/03,

こんにちは。「社長のコンシェルジュ」の松井太郎です。

あけましておめでとうございます!
昨年はいろいろとお世話になりありがとうございました。

新年早々、初詣に行ったよ~という方も、そうでない方も
そう言えば、数年前の年末年始は「大阪天満宮」のテキ屋で
金魚すくいのアルバイトしたよな~(遠い目)

あの頃に比べると
今は奇跡的な復活を遂げて
地に足がついた感じで生活できているなと思います(笑)

まぁ、そのような経験から、
個人的には、相手がどんなにヒドイ状況であろうとも
「次へ」と、もがいている人が好きですし
会社にとどまろうが、転職しようが、独立・起業しようが
そんなことはあまり関係なく、

実は、大事なのは...
「あーこんな風になれたらいいのになー」とひたすら妄想し
手のひらサイズの仕事をつくることなのです。

誰でも一度くらいは、否が応でも、
人生と向き合わなければならないタイミングがあります。

現実には、そのタイミングが早ければ早いほど、
自分の居場所を見つけやすいという傾向はあることは否めないので
できれば40代までに次の人生と向き合った方がよいと思います。

しかし、40代以降の方も悲観することはありません!!
なにせ私は40代半ばになってようやく気づき
ヒト、モノ、カネが全くゼロのドン底から
奇跡の復活を遂げたのですから(笑)

「仕事は専門家(専業)でなければならない」とか
「社会人とは会社(組織)に所属すること」など
これまでの価値観に捉われて息苦しくなったり

途中で独立・起業することをやめてしまったり
妄想と現実の狭間で希望を見い出せなかったり

また、
「世の中そんなに甘くない」
「独立すると人づきあいが大変」
「貯金は最低でも○○○万円が必要」

など、起業セミナーに行くとよく聞かされる(脅される、失礼)
のですが、ある意味そうであって、ある意味そうではないのです。

仮に、これまでと同じ考えで独立・起業すると、

貯金のほとんどをつぎ込み
その上、百万円単位で借金をしてカタチを作り
数年(場合によっては数十年)かけて償却するという
とてつもない努力が待ち受けています。

そして、いったんその状況を妄想してみることで
それが自分にとって本当に必要な努力なのか?が
見極められます。

社長のコンシェルジュがおすすめするのは、

・今の自分に無理なくできること
・手持ちの資金でできること
・借金しないでできること

手持ちの資金でできること=借金しないでできることなのですが、
私の場合は、当時の手持ちの資金はゼロ、しかも借金できる相手
さえもいなかったので、あることをやってクリアしました。

もし、「あること」に興味や関心のある方には、
有料コンテンツにてお伝えします(笑)

仮に、経営コンサルタントという仕事をひとつ取ってみても
ビジネスの常識と言われるものを丁寧にひとつずつ具体的に
見てみると意外なことがわかります。

・自分がひとり食べていくだけならそんなに難しくない
・「中小企業診断士」の資格がなくてもやっていける
・他社とのコラボで集客することができる
・人生や仕事での苦労や失敗などの経験が活かせる

もちろん、自分がどういう方向性を目指すかということで
だいぶ変わってくるところもあるので、やろうとする仕事に
よっては、資金調達してある程度の規模からスタートしても
良いと思います。

そして、肝心なことは、目先の「頑張る」ことよりも、
意識の向け先を「自分」から「世の中」に向けること。

これは何かスゴイ専門能力があるとか
特別な才能があることよりも、
ラピート(南海)、いや、はるか(JR)に大切です。
大阪ローカルネタでスミマセン(笑)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
そんなあなたが大好きです!また次回お会いしましょう。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。