自分を受け入れてくれる人かどうかというモノサシ

投稿日:13 2015/12/13,

こんにちは。「社長のコンシェルジュ」の松井太郎です。

忘年会シーズン真っ只中ですね~
そして、忘年会の前に「ヘパリーゼ」を飲むという方も、そうでない方も
以前の私は、朝までの飲んでそのままサウナへ直行し、ひと汗かいた後に
またアポイントに行くというということが平気だったのですが...

近ごろは、どうもそういう訳にはいかず、ヘパリーゼとウコンの力は必須。
バックアッププランとして、「ハイチオールC」も準備。

実は、この「ハイチオールC」、
当初は、「二日酔い」のクスリとして発売されていたそうなんですが、
あまり売れなくて、二次的作用の「シミ・そばかす対策」をメインに
押し出したところ、たちどころに売れるようになったとか。

もしよかったら、薬局で手に取ってみてください。
外箱の効果・効能には、二日酔いも書いてあります。

さて、今日はココからが本題です。

十数年前の私は、自分では一生懸命に頑張っているのに、
会社は自分を認めてくれていないと感じていました。

そして、当時の社長に対して、内心はこういう気持ちでした。

以下、関西弁です(笑)

「社長が、会社をよくしようかどうか思ってるかどうか、
全然わからんから、こっちは色々とアイデアを出してるんやろ。
本当は「社長について行きたい」と思わせて欲しいんや。
わかれへんねん、社長の思ってることが。
言ってくれへんと、わかれへんねん。
やのに、なんでオレを評価せえへんねん。
社長がやらんとアカンことをオレがやってるんやろ、アホ!」

まぁ、30代半ばで会社役員というわりには、
何か「おさない」感じで、今思うととても恥ずかしいです。

当時は、マジメで努力家、本もたくさん読んでいましたし、
業務遂行能力も高かったです(笑)

そのせいか、自尊心がかなり高く、自己愛もかなり強く、
周りの人々をどこか見下すようなところがありました。

かといって権力的かというと、そういう訳でもありませんでした。
もし、仮にそうなら会社の上層部ともっとうまくやっていたはずですし、
上司には媚びて、部下を押さえつけるという感じだったと思います。

実際、媚びるどころか、どちらかというと権力に反発をしていた方で、
それが証拠に、社内の人間関係に興味がなく、関心も薄かったんです。

当時の監査役から、
部下が君のことを「自己中(じこちゅう)だと言っている」と
聞かされたとき、素直に何を言われているのかわかりませんでした。

おそらくこう言うことだったんでしょう。

どうも周囲から見て、私の尊敬に値する人としない人への態度が
ハッキリと分かれていて、値しない人となると、上司、同僚、部下、
取引先にかかわらず見下し、それが小さい子供のように素直で、
スグに顔や態度に出てしまったからだと(汗)

私のサラリーマン時代がうまくいかなかったその大きな理由は、

経営者が「自社に利益をもたらしてくれるかどうか」という
モノサシを持っているように、

私は、知らず知らずのうちに
「尊敬に値する人かどうか」というモノサシで
人を評価していたからでした。

しかも、この尊敬に値する人というのが曲者で、
尊敬に値する人=自分を受け入れてくれる人、
周囲には、そのモノサシがわかりずらく、
それが多くの人々に誤解を与えたのでしょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
そんなあなたが大好きです!また次回お会いしましょう。