【閲覧注意】私がセミナー講師を本業にしなかった理由

投稿日:29 2015/11/29,

こんにちは。「社長のコンシェルジュ」の松井太郎です。

セミナーによく行くという方も、そうない方も、
そこに参加する人々にとって、その学びが本当に身になるのか?
私はそれが重要だと思います。

ある一時期、セミナー講師を目指し、
色々なセミナーに参加し、また、セミナー講師養成講座なるものを
受講したことがあるからこそ、見えることがあると思っています。

私は、世の中にある多くの自己啓発的セミナーが、
娯楽化、劇場化しているように感じています。

好きな音楽バンドのライヴに行くくらいの感覚ならいいのですが...
例えば「3日間で人生が変わる!」というタイトルの
自己啓発的セミナーは、人生がうまくいっていない人にとっては、
かなり魅力的なことように思えてしまいます。

そして、藁をもすがる気持ちで参加した人にとっては、
セミナーへの期待と依存が大きすぎるあまり、

「ああー、結局のところ人生を変えることなんてできない」と
疲れ切ってしまい、幸せな人生を送ることが、
ますます難しくなるのではと思います。

また、そこまでなくとも、例えば特定の講座を受講し過ぎると、
自分の頭で考えられなくなるどころか、いつの間にか、
その講師の考え以外はダメなものというような錯覚に
陥ってしまいます。

一方で稼ぐことを最優先した自己啓発的セミナー講師の立場からは、
SNSを単なるコミュニケーションツールとして使いこなし、
徹底して、パーソナルブランディングを行い、信者(失礼!)を増やし、
募集開始スグに満席!となるセミナーを繰り返し行うことで、
ビジネスとしては安定したものになります。

これから起業を考えている人や売れないセミナー講師向けに、
「3ケ月以内にセミナー講師で月収○○○万円を稼ぐ方法」などという
キャッチフレーズで、ただひたすら煽っている広告をよく見かけます。

ちなみに、ある自称セミナープロデューサーという方が
パーソナルブランディングについて、こう言っていました。

「自分のプロフィールや写真を意識的に作り上げ、
わかり易くして発信するということ」

確かにこのやり方は、いち早く芸風(失礼!)を確立して、
短期間でお金を稼ぐという意味では有効ですが、
やり過ぎるとキャラクター化して、賞味期限が短くなります。

リピーターに支えられ、短期的には稼げるかもしれないのですが、
目先の見え方を巧みに変化させないと、その大半はスグに飽きられて、
売れなくなってしまいます。

要するに「わかり易いものは飽きられやすい」ということです。

繰り返しになりますが、短期的に売れる、稼ぐということに焦点を
当てるなら、とても有効な手段だとは思いますが、
長期的な視点でみれば、ちょっとしんどいのかもしれません。

おそらく、昔の私なら
自分をよく見せたい
本当の自分よりよく見られたい
誰からも認められたい
という強い意識から、
このやり方にハマっていったと思います(笑)

また、スグに満席になるようなリピート率の高いセミナーは、
何回も受講している人が多いということだとも言えます。

ビジネスとしてはリピーターが多いほど儲かるので、
セミナー講師からすればありがたい信者(失礼!)です。

しかし、受講する人にとっては、
もしかすると、まだ満足する気づきに出会えていない
また、セミナー講師にとっては、
気づきを与えられる内容になっていない
ということなのかもしれません。

私もたまにセミナーやワークショップに行きますが、
そもそもリピート率が高すぎるセミナーは、どうなのかな?
なんて思ったりします。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
そんなあなたが大好きです!また次回お会いしましょう。