時に試されるというチャンスに出会っている

投稿日:25 2015/10/25,

こんにちは。社長のコンシェルジュの松井太郎です。

朝ごはんを毎日食べるという方も、そうでない方も、
「太郎ちゃん!朝ごはんはどうしているの?」

周りの女性からはよく訊かれるのですが...
「朝ごはんを作ってあげる!」
と言ってくれる女性には未だ出会ったことがありません(笑)

平日は、NHKの朝ドラを目覚まし代わりにしていて、
テーマソングが流れるのとほぼ同時に体内時計のスイッチが入ります。
で、朝ドラが終わるのと同時に身じたくを済ませ、
とりあえず自宅を出て、その日のアポイントをイメージしながら、
国道の交差点まで来たら2軒ある定食屋さんのうち、
どちらにいくかを何となく決めます。

ちなみに定食屋さんの朝定食メニューは以下のとおりです。

1軒目(歩いて約30分)
・ごはんに(おかわりOK、美味しい!)
・白菜と油揚げの味噌汁(おかわりOK)
・納豆
・のり

2軒目(歩いて15分)
・ごはん(おかわり不可)
・オクラの味噌汁(おかわり不可、美味しい!)
・目玉焼き
・納豆(美味しい!)
・のり

というか、正確にはどちらかに一方にしばらく通い続けて、
飽きたなぁ~と思ったら、もう一軒の方へ行く感じです。
そして、いつか家で朝ごはんが食べられるようになりたいです(笑)

さて、今日はココからが本題です。

【馬には乗ってみよ、人には添うてみよ】ということわざがあります。

これは、馬には乗ってみなければ善し悪しがわからないし、
人とは付き合ってみなければ、その人の性質はわからないということから、
何事も経験することによって、初めてそのものの善し悪しがわかる。
だから、何事も始める前から決めつけないという人生訓です。

もともとは、昔、年頃の女性にお見合いを勧めるような時に
「実際に会ってみなければ、相手の人柄はわからない」という意味で
使われていたらしいですが...

私は、「社長のコンシェルジュ」という看板を掲げることを決めてから、
現在に至るまで、意識して取り組んでいることが2つあります。

その一つは、「いいな!」と思ったことは、
とりあえずやってみるということです。

その中で、うまくいったこともあれば、そうでなかったこともあります。
また、一度うまくいかなかったことでも、
やり方を変えてみてうまくいったこともありますし、
うまくいっていることでも、
何だか「シックリ」こなくて止めたこともあります。

もう一つは、とにかく人と会ってみるということです。

この一年間で新たに出会った人は800名以上、
FBの友達も3倍になりました。

その中で、自分の価値観やフィーリングに合う人と、そうでない人もいます。
合うからOKとか、合わないからNGというようなことではなくて、

合う人と話していると、自分の考えがどんどん整理されていきますし、
合わない人と話していると、そんな考えや思いもあるなということに気づいて
ハッ!とすることもあります。

そして、この2つのことは自分にとって何を意味するのか?
実は「時に試される」というチャンスに出会っているのだと思っています。

では、「時に試される」というのはどういうものだろうか?

と考えた時に、自分なりの答えは、
「時の流れに乗ってみる」ということです。

それが、前述のことわざの自分なりの解釈になります。

私は、このことわざをベースにアレンジして
【時の流れに乗ってみる、人には会いに行ってみる】
というフレーズを考えてみました。

これを実行さえすれば、具体的な答えがわかるので、

・自分に考えがどんどん整理され
・自分に合うものと合わないものがわかり
・人の気持ちにも寄り添うことで 
・それをやると幸せかどうか? 

が、フトした瞬間にわかるようになります。

【時の流れに乗ってみる、人には会いに行ってみる】

目に前のあなたも、一度試してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
そんなあなたが大好きです!また次回お会いしましょう。